足を踏み入れたとたん、静かな空気に包まれる。
ひとつひとつ吟味された素材、呼吸する素材が調和しているからだろう。
素材たちは、これからも住む人とともに時間を紡ぎ、味わい深くなっていく。
それは、家族や夫婦の歩みにも似ている。
重ねてきた時間をたいせつに、もう一度、夫婦の時間をこの家で。
一人になれる個の時間もある。友だちを呼んで語らう時間もある。
大きなリビングで、デッキで、和の小部屋で。
互いの気配を感じながらほどよい距離感で暮らす、穏やかな日々を、ここから。